2010年11月10日

Kyoto Cabinet 1.2.23 と Kyoto Tycoon 0.9.6 の srpm

作ったよ。  ∩(・ω・)∩
前回発生していた rpm -ve とかで消す時に失敗する現象も直しました。
ちなみに原因はこれでした。
前回のやつは↓こんな感じで消してくださいな。
# rpm -ve --noscripts kyototycoon-0.9.3-1
 
で、今回も前回同様の物が仕込まれています。
※毎度ながら KyotoTycoon の方ね
-D enable_lua=1 ← これで Lua を有効にする
-D disable_event=1 ← これで Event を無効にする (こっちは現状 CentOS で必須)
この2つ。
 
kyotocabinet-1.2.23-1.src.rpm
kyototycoon-0.9.6-1.src.rpm
 
そうそう、KyotoTycoon を入れようとして検索でくる人がいるみたいなので書いておくと、rpm で配布しないのは「依存性の書き忘れがあるかもしれないから」です。
rpm -ivh して正常にインストールされたのに動かなくて、俺が悪いのに mikio さんの方に「動かねーぞゴラァ!」みたいな話が飛んだりしても嫌ですし。
そんな人いないと思いますけど、いたら嫌なので srpm でビルドして (動く保証をして) インストールする形になっています。
comments powered by Disqus